コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリア・ラーハ修道院 マリアラーハしゅうどういん Maria Laach

1件 の用語解説(マリア・ラーハ修道院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マリアラーハしゅうどういん【マリア・ラーハ修道院 Maria Laach】

ドイツ西部,コブレンツの北西,ラーハ湖畔にあるベネディクト会修道院。1093年創設。有名な付属教会は大部分が12世紀の造営になるロマネスク様式のもの。二重内陣の3廊式バシリカで,ライン川上流のシュパイヤーマインツのいわゆる〈カイザードーム〉を思わせる。2基の交差部塔と,これを補佐する4基の小塔とが,小柄な堂宇に堂々たる威風を与える。凝灰岩による明るい壁体部と,これを枠づける玄武岩の片蓋柱とアーチ列のコントラストが絶妙である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マリア・ラーハ修道院の関連キーワードコブレンツドイツ連邦共和国西ドイツブルッフボンマインツレントラーエルツ城ドイチェスエック統一ドイツ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone