コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリア・ラーハ修道院 マリアラーハしゅうどういんMaria Laach

世界大百科事典 第2版の解説

マリアラーハしゅうどういん【マリア・ラーハ修道院 Maria Laach】

ドイツ西部,コブレンツの北西,ラーハ湖畔にあるベネディクト会修道院。1093年創設。有名な付属教会は大部分が12世紀の造営になるロマネスク様式のもの。二重内陣の3廊式バシリカで,ライン川上流のシュパイヤーマインツのいわゆる〈カイザードーム〉を思わせる。2基の交差部塔と,これを補佐する4基の小塔とが,小柄な堂宇に堂々たる威風を与える。凝灰岩による明るい壁体部と,これを枠づける玄武岩の片蓋柱とアーチ列のコントラストが絶妙である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android