シュパイヤー(英語表記)Speyer

世界大百科事典 第2版の解説

シュパイヤー【Speyer】

ドイツ西部,ライン川中流左岸にあるラインラント・ファルツ州の小都市。人口4万7000(1991)。ローマ・カトリック司教座の所在地。第2次世界大戦後,金属・化学繊維・ガラス・食品工業なども発達したが,むしろ歴史的古都として有名。 この地は,すでに150年ころ,ノウィオマグスNoviomagusという名でプトレマイオスが言及している。古くはケルト人の集落,次いで前70年以来ネメテース族が占めていたこの地域を,前56年カエサルが征服,以後ノウィオマグスがローマのキウィタス・ネメトゥムの中心となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android