コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー・セレスト号 マリーセレストごう

百科事典マイペディアの解説

マリー・セレスト号【マリーセレストごう】

米国の287トンの帆船。1872年11月7日,船長とその妻子および船員7名を乗せてニューヨーク出帆イタリアに向かったが,12月5日無人のままジブラルタル西方沖を漂流しているのを発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のマリー・セレスト号の言及

【幽霊船】より

…しかし中には相当詳細な調査が行われた例もある。たとえば1872年12月にアゾレス諸島沖で発見されたマリー・セレスト号は,出航後19日目まで記入された航海日誌を残し,乗員9名全員が姿を消した状況が精査された。しかし乗員消滅の謎は解明されず,一時は発見者が殺害したのではないかと思われた。…

※「マリー・セレスト号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マリー・セレスト号の関連キーワードセケッシオアイソトープ広島県の要覧バート ブライレブン日本郵便制度史(年表)モータリゼーション(中国の)公図被告の手錠と腰縄を外すタイミング基礎学習全基停止後の地域経済

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android