コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー・セレスト号 マリーセレストごう

百科事典マイペディアの解説

マリー・セレスト号【マリーセレストごう】

米国の287トンの帆船。1872年11月7日,船長とその妻子および船員7名を乗せてニューヨーク出帆イタリアに向かったが,12月5日無人のままジブラルタル西方沖を漂流しているのを発見された。船内は平穏無事で,詳細な調査にもかかわらず,なぜ船が放棄されたかはなぞにつつまれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のマリー・セレスト号の言及

【幽霊船】より

…しかし中には相当詳細な調査が行われた例もある。たとえば1872年12月にアゾレス諸島沖で発見されたマリー・セレスト号は,出航後19日目まで記入された航海日誌を残し,乗員9名全員が姿を消した状況が精査された。しかし乗員消滅の謎は解明されず,一時は発見者が殺害したのではないかと思われた。…

※「マリー・セレスト号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android