コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルガレテ Margarete

世界大百科事典 第2版の解説

マルガレテ【Margarete】

?‐303
4世紀初め,ディオクレティアヌス帝の迫害で殉教したとされる伝説的聖女。マルガレタMargaretaともいい,東方ではマリナMarinaと呼ぶ。アンティオキアの異教の祭司の娘。乳母の影響でキリスト教徒となり,総督の求婚を断ったため投獄された。竜となって現れた悪魔にのみ込まれたが,手にしていた十字架が大きくなって(手で十字を切ったとの説もある),竜の腹を裂き,無傷でのがれた。拷問の末首を切られたが,その際とくに,出産の苦痛から婦人たちが救われるよう祈ったと伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマルガレテの言及

【マルグレーテ[1世]】より

…在位1387‐97年。マルガレーテMargareteとも呼ばれる。デンマーク王バルデマー4世の娘。…

※「マルガレテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルガレテの関連キーワードテオドルス[アマセア]株式劉暁波BCP08憲章鳥獣保護区国重要無形民俗文化財ゲオルギウス上越新幹線スタルヒン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android