コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルコーム・ハーン マルコーム・ハーンMalkom Khān, Mīrzā

1件 の用語解説(マルコーム・ハーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルコーム・ハーン
Malkom Khān, Mīrzā

[生]1834. イスファハン
[没]1908. スイス
近代イランの改革主義者。イスファハン生れのアルメニア人で,1872年ロンドン駐在のイラン大使に任じられたが,カージャール朝イギリス人金融業者との間に宝くじ利権を仲介し,仲介料取得を暴露されて 89年解任された。こののちカージャール朝の専制を批判し,ロンドンからペルシア語新聞『カーヌーン (法) 』を発行 (1890~98) 。イランへの持込みは禁じられたが,秘密に読まれてタバコ・ボイコット運動とそれに続くイラン立憲革命に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マルコーム・ハーンの関連キーワード葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑監獄法新聞小説河内全節奈良原繁ヤング

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone