コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルトゲムシ マルトゲムシ Byrrhidae

2件 の用語解説(マルトゲムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルトゲムシ
マルトゲムシ
Byrrhidae

甲虫目マルトゲムシ科の昆虫の総称。体長1~10mm程度の小型の甲虫で,背部が丸い卵形をしている。おおむね暗褐色で,体表はなめらかなものもあるが,刺毛や直立毛などをもつものもある。触角,肢とも短く,肢の腿節は平たく幅広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルトゲムシ
まるとげむし / 円刺虫

昆虫綱甲虫目マルトゲムシ科Byrrhidaeに属する昆虫の総称。世界各地に分布するが、種数は約300、日本には約15種が産する。体長1~10ミリ。体は卵形、ときには半球形に近く、背部は強く膨らみ、体表には先太の刺毛や直立毛があったり、横に寝た毛を密布するものが多い。色は普通は黒っぽいが、金属色を帯びることがある。湿った地表、コケや草の間あるいは石や倒木の下などにおり、触れると脚(あし)を縮めて死んだまねをする。若木や草の根を害するものもあるという。ダイセツマルトゲムシなど大形の種類はおもに高地の石下などで発見され、小形種は草地や畑地などでみつかる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルトゲムシの関連キーワード蟻塚虫閻魔虫牙虫埋葬虫豆象虫塵芥虫挙尾虫長椿象葉虫標本虫