コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルト神群 マルトしんぐんMarut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルト神群
マルトしんぐん
Marut

インド神話の暴風神群。『リグ・ベーダ』によるとその数は 21あるいは 180で,ルドラ神を父とし,雌牛を母とする。電光ひらめき,疾風,迅雷の起る現象を神格化したもので,その色は炎のようであり,あるいは太陽のように赤く輝く。肩に電光の槍をにない,金色の甲冑,外被装身具を身に着け,電光に輝く金色の車に乗る。落雷はマルトが酪油を流すときである。進軍するときは猛獣のように叫び,雨を降らせ,樹木を倒し,象のように森林を食う。インドラ従者として悪魔退治に従事することもある。武勇,治病,厄よけの神ともされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マルト神群の関連キーワードインド神話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android