コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルト神群 マルトしんぐんMarut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルト神群
マルトしんぐん
Marut

インド神話の暴風神群。『リグ・ベーダ』によるとその数は 21あるいは 180で,ルドラ神を父とし,雌牛を母とする。電光ひらめき,疾風,迅雷の起る現象を神格化したもので,その色は炎のようであり,あるいは太陽のように赤く輝く。肩に電光の槍をにない,金色の甲冑,外被,装身具を身に着け,電光に輝く金色の車に乗る。落雷はマルトが酪油を流すときである。進軍するときは猛獣のように叫び,雨を降らせ,樹木を倒し,象のように森林を食う。インドラの従者として悪魔退治に従事することもある。武勇,治病,厄よけの神ともされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone