コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リグ・ベーダ リグ・ベーダ Ṛg-Veda

3件 の用語解説(リグ・ベーダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リグ・ベーダ
リグ・ベーダ
Ṛg-Veda

インド最古の文献である4つのベーダの一つ。リグとは賛歌,ベーダとは知識,転じてバラモン教の聖典の意味となった。普通はブラーフマナなどを除いたサンヒター (本集) のみをさすことが多い。『リグ・ベーダサンヒター』はベーダのなかでも最も古いものであり,勧請僧 hotṛに属し,5派の伝承があったが,現存するのはシャーカラ派の伝本のみである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リグ・ベーダ

古代インドのバラモン教の聖典〈ベーダ〉の一つ。インド最古の文献で,前1200年―前1000年ころに成立したとされる。10巻1028歌からなる。リグは〈賛歌〉の意で,神々への頌詞を集成したもの。
→関連項目インドラ閻魔シバ(神)ソーマベーダ語ミュラー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リグ・ベーダ
りぐべーだ
g-veda

インド最古の聖典ベーダの一つ。そのサンヒター(本集(ほんじゅう))部分は紀元前1200年を中心につくられた。10巻よりなり、多数の神々への賛歌1028編(1万0462詩節)からなる。[松濤誠達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リグ・ベーダの関連キーワードインド神話インドラベーダベーダ語ルドラリグベーダアベスター語ダルマ・スートラ文法学派リグ・ベーダ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リグ・ベーダの関連情報