迅雷(読み)じんらい

精選版 日本国語大辞典「迅雷」の解説

じん‐らい【迅雷】

〘名〙 はげしい雷鳴。急激になりだすかみなり。疾雷(しつらい)。《季・夏》
※足利本人天眼目抄(1471‐73)中「烈燄急切なる処より」
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「迅雷疾風(ジンライシップウ)の如く大阪から引返し」 〔論語郷党

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「迅雷」の解説

じん‐らい【迅雷】

激しい雷鳴。「疾風迅雷 夏》
[類語]いかずち鳴る神らい雷鳴雷電天雷急雷疾雷しつらい霹靂へきれき雷公遠雷春雷界雷熱雷落雷稲妻いなずま稲光いなびかり電光紫電しでん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「迅雷」の解説

【迅雷】じんらい

はげしい雷。〔論語、郷党〕れば、必ず色を變じて作(た)つ。雷風烈には、必ず變ず。

字通「迅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android