コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルバウツギ(円葉空木) マルバウツギDeutzia scabra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルバウツギ(円葉空木)
マルバウツギ
Deutzia scabra

ユキノシタ科の落葉低木。関東以西の本州太平洋側,四国,九州に分布し,山地日当りのよい斜面や河岸などに生える。高さ約 1.5mになり,よく分枝する。葉は対生し,卵形ないし広卵形で先は短くとがり,縁に細かい鋸歯があり,両面に星状毛が散在する。花序の下の葉は柄がなく多少とも茎を抱くが,他は短い柄がある。5月頃,枝の先に円錐花序をつくり,径約 1cmの白色花を多数開く。萼裂片は5枚で三角形花弁も5枚で長さ 0.6~1cm。おしべは 10本で花弁と同長,花糸には先端歯牙のない翼がある。子房下位花柱は3~4本で蒴果になっても宿存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android