コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルモラーダ山 マルモラーダサン

デジタル大辞泉の解説

マルモラーダ‐さん【マルモラーダ山】

Marmolada》イタリア北部、南チロル地方のドロミティ山地の最高峰。標高3342メートル。ドロミティ山地唯一の氷河がある。2009年「ドロミーティ」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルモラーダ山
まるもらーださん
Marmolada

ヨーロッパ・アルプス南部、イタリア北東部、ドロミーティ山地の最高峰。標高3342メートル。石灰岩の高峰で、南側に高度差650メートルの岩壁がある。1864年P・グローマン、ディマイ兄弟が初登頂。登山基地はボルツァーノ。石灰岩の奇峰が多く、チベッタ、ブレンダなどの岩峰があり、垂直の岩壁を登る人工登攀(とうはん)もこの地域で始まったといわれる。[徳久球雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルモラーダ山の関連キーワードポルドイ峠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android