マンジュウヒトデ(英語表記)Culcita novaeguineae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンジュウヒトデ
Culcita novaeguineae

棘皮動物門ヒトデ綱顕帯目オレアステル科。一名ウミバコともいう。体は直径 20cmほどのほぼ円形に近い五角形で,背部は丸くふくらみ,5つの角の先端にごく短い腕がついている。背面はあらい顆粒が一面に生じてざらざらし,青,緑,灰,黄色などの地に濃淡の円形斑紋が同心円状に並んでいる。腹面黄褐色奄美群島から西太平洋,インド洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンジュウヒトデ
まんじゅうひとで / 饅頭海星
cushion star
[学]Culcita novaeguineae

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱オレアステル科に属する海産動物。ウミバコともいう。五角形の箱のような形をしたサンゴ礁産のヒトデ。全体が膨れていて、触るとざらざらした革袋のような感じがする。腹面には中央に口があり、放射状に5本の溝が伸び出て、その縁に管足列がある。直径20センチメートル以上になる。体色は一定せず、青、緑、灰、黄、褐、紫、黒、赤などのいずれか2、3色が地色となり、また斑点(はんてん)や斑紋となって同心円状に並ぶ。南西諸島以南、インド洋、西太平洋海域に分布する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android