コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンチェスター会議 マンチェスターかいぎManchester Congress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンチェスター会議
マンチェスターかいぎ
Manchester Congress

1945年 10月イギリスのマンチェスターで開催された第5回汎アフリカ会議。汎アフリカ会議を 18年ぶりに復活させた点においても重要であるが,それにもまして,20世紀初頭以来アメリカ,西インド諸島,ヨーロッパなどにいるアフリカ系人の手で組織され,指導されてきた汎アフリカ主義運動を,K.エンクルマをはじめとするアフリカ民族主義者の手に引継いだという点で画期的な重要性をもっている。この会議を契機として,汎アフリカ主義はエンクルマ,J.ケニヤッタ,G.パドモアらの手でアフリカに直接導入され,1950年代末期から本格化したアフリカの独立の時代に,個々の民族主義運動をアフリカの統一運動と結びつける役割を果すようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マンチェスター会議の関連キーワード第6回汎アフリカ会議

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android