コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンティリャ

百科事典マイペディアの解説

マンティリャ

おもにスペインの女性が用いる儀礼的なかぶり物。後頭部にさした高い櫛(くし)の上からかぶり,顔をおおわず肩にたらす。17世紀ころから用いられ,豪華なレースや絹で作られる。
→関連項目ベール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンティリャ【mantilla】

スペインで用いられる女性が頭を覆うための布。〈小さなマント〉の意。素材は絹や羊毛などで,周囲に網目織やレース編の装飾をほどこし,全体が網目織やレースのものもある。初めはおもに売春婦が身につけたものらしく,18世紀まではマドリードの下層の女(マハmaja)が使っていたが,19世紀には一般的になり,1830年前後には特に貴族の夫人たちの間で用いられるようになった。しかし1868年革命以降,帽子が流行したため,マンティリャは宗教関係の祭りなどに限って使われるようになり,色も白か黒となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android