コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンド Mende

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンド
Mende

フランス南部,マシフサントラル (中央山地) 南東部,ロゼール県の県都。クレルモンフェランの南南東約 150kmにあり,ロト川に沿う。町の起源は古く,異民族侵入,宗教戦争によりたびたび破壊され,有名なノートルダム大聖堂 (1369) もプロテスタントによる破壊を受け 17世紀に修復された。ロト川にかかる 13世紀のノートル・ダム橋,18世紀の市庁舎などがある。コース地方の石灰岩台地を越えて 28kmで峡谷美で有名なタルン川に達するため,観光が中心的産業となっている。人口1万 520 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マンドの関連キーワードホワンホーイエン(黄河沿)COMMAND.COMプリントオンデマンドコマンドキューイングATコマンドモデムヘイズATコマンドESC/Pスーパーオンデマンド印刷オンデマンド出版コマンド待ち状態ヨーロッパイモリアーモンドバターヘイズコマンドリザルトコードデュランティスコマンドシェルマハガーラ遺跡rloginfingerマンドレーク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンドの関連情報