マースオブザーバー(英語表記)Mars observer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マースオブザーバー
Mars observer

NASAの火星探査機火星全体の地形測量重力場の測定,磁場特性の解析などを目的としている。重量は 1700kg,全長 2.2m,寿命は3年とされている。打ち上げは,1992年9月にタイタン3により行なわれ,93年8月には火星に到達する。この探査機は,火星の高度 360kmの円軌道に2ヵ月間滞在し,この間に火星南北極領域データを収集する。残りの期間は,軌道変更により,太陽同期軌道に入り,95年にはソ連の大気観測バルーンからのデータを中継することになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android