コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マースオブザーバー Mars observer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マースオブザーバー
Mars observer

NASAの火星探査機火星全体の地形測量重力場の測定,磁場特性の解析などを目的としている。重量は 1700kg,全長 2.2m,寿命は3年とされている。打ち上げは,1992年9月にタイタン3により行なわれ,93年8月には火星に到達する。この探査機は,火星の高度 360kmの円軌道に2ヵ月間滞在し,この間に火星南北極領域データを収集する。残りの期間は,軌道変更により,太陽同期軌道に入り,95年にはソ連の大気観測バルーンからのデータを中継することになっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マースオブザーバーの関連キーワード火星探査計画

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android