コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーズエクスプロレーションローバー Mars Exploration Rover

デジタル大辞泉の解説

マーズエクスプロレーション‐ローバー(Mars Exploration Rover)

米国の火星探査機。2003年にスピリットオポチュニティーという無人探査車(ローバー)を載せたロケットが別々に打ち上げられ、翌2004年に火星着陸に成功。着陸にはマーズパスファインダーと同じくエアバッグが用いられた。ローバーは岩石研磨装置、X線分光計メスバウアー分光計を搭載し、火星表面を移動しながら地質構造や鉱物組成の調査を行った。その結果、過去に大量の水を湛えた海または湖が存在したことを示す証拠が得られた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マーズエクスプロレーションローバーの関連キーワードマーズサイエンスラボラトリー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android