コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーズリコネサンスオービター Mars Reconnaissance Orbiter

デジタル大辞泉の解説

マーズリコネサンス‐オービター(Mars Reconnaissance Orbiter)

米国の火星探査機。2005年に打ち上げられ、翌2006年に火星周回軌道に到達。火星大気との摩擦で減速させる空力ブレーキが用いられた。火星表面の1メートル以下の物体を判別できる高解像度カメラを搭載し、地表の観測や後継機の着陸候補地の調査、着陸支援などを行う。マーズリコナイサンスオービター。マーズリコネッサンスオービター。MRO

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android