コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールキシ Perets Davidovich Markish

1件 の用語解説(マールキシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マールキシ【Perets Davidovich Markish】

1895‐1952
ソ連邦のユダヤ系詩人,作家,劇作家。8歳から働き始め,独学ののちシャニャフスキー人民大学で学んだ。1917年から文筆活動を始め,イディッシュ語で数冊の詩集を刊行した。とくに《堆積》(1922)はユダヤ人迫害にささげられた感動的な詩集として有名。21年に外国へ出かけ,ワルシャワベルリン,パリ,ロンドンを旅行し,詩集《ラジオ》(1922)を発表,資本主義世界を批判して,ソビエト体制を賞賛した。帰国後,叙事詩《兄弟》(1929)でロシア革命後の国内戦を描き,《ドニエプル朝焼け》(1937)では社会主義建設と人間の改造を歌った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のマールキシの言及

【イディッシュ文学】より

…しかし彼がメンデレ,ペレツ,シャローム・アライヘムとともに後進作家の集団に働きかけ,イディッシュ文学の育成と向上に貢献した功績は大きい。 これらと並ぶ特異な詩人としては,若年期から急進的活動家だったH.レイビック(1886‐1962)が目立ち,彼は獄中体験を素材に《鉄錠の裏側》(1918),《シベリアの道》(1940)の詩集を発表し,苦難にあえぐ人間たちの幻想や魂の救済を歌ったし,また,ソ連で活躍したマールキシPerets D.Markish(1895‐1952)は共産主義に深く傾倒すると同時に,同胞民族に対する残虐行為への痛恨を《人民と祖国》(1943),《戦争》(1948)などの叙事詩で吐露したのだが,イディッシュ語作家粛清の難に遭って処刑された。 19世紀の後期以後,その高揚期を現出させたイディッシュ文学は,第2次大戦中のユダヤ人大量虐殺や,戦後建国されたイスラエルのヘブライ語公用化のため,新たな筆者・読者層の世代形成は必ずしも容易でない現状にあるが,にもかかわらず東欧から入国した作家たちにイディッシュ語復興の気運が兆しているのも事実であり,60年代以降イスラエルでのイディッシュ語刊行物はその数を増し,季刊文芸誌《黄金のきずなDi Goldene Keyt》は順調に発行されている。…

※「マールキシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マールキシの関連キーワードさまよえるユダヤ人ソ連ベローマラマッドユダヤ暦ロスソ連邦Биробиджанユダヤ自治州リビアのユダヤ人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone