マーンドゥーキヤ・カーリカー(英語表記)Māṇḍūkya-Kārikā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーンドゥーキヤ・カーリカー
Māṇḍūkya-Kārikā

インドのガウダパーダの著わした哲学詩頌。7世紀中頃成立。『マーンドゥーキヤ・ウパニシャッド』の趣意を説明するために書かれたものであり,別名『聖伝書』 Āgama-śāstraとも呼ばれ,4章 215頌から成る。現象界は夢のなかで経験する事物と同様に虚妄であると説き,現象界の差別相を否定する。また大我を虚空に,個我を瓶の中の空間にたとえ,両者が本来不二であることを論じる。ウパニシャッドに説かれている種々の教示の違いは,真理を悟らせるための仮の方便であるとする。さらに,たいまつを振って旋回すると闇の中に種々の相が現じるように,一切の現象は識の顕現したものであるとし,万有の不生不滅を論じ,因果を否定する。大乗仏教の影響が認められる書。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android