ミオイノシトール

栄養・生化学辞典の解説

ミオイノシトール

 C6H12O6 (mw180.16).

 シクロヘキサンヘキソール,シクロヘキシトールともいう.6価のアルコール.すべてのヒドロキシル基リン酸エステル化されたものがフィチン酸.多くの異性体の一つで,生体内でリン脂質の構成成分として,またリン酸エステル化されたものが信号伝達物質として重要な働きをする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のミオイノシトールの言及

【イノシット】より

…また過コレステロール症に対する医薬品としても用いられる。9種の立体異性体が理論的に可能であるが,天然にはミオイノシット(ミオイノシトール)など4種が確認されているだけである。ミオイノシットはほとんどすべての生物に存在しており,遊離の形で,またリン酸エステルやリン脂質の構成分として見いだされる。…

※「ミオイノシトール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android