コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミオイノシトール

1件 の用語解説(ミオイノシトールの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ミオイノシトール

 C6H12O6 (mw180.16).

 シクロヘキサンヘキソール,シクロヘキシトールともいう.6価のアルコール.すべてのヒドロキシル基リン酸エステル化されたものがフィチン酸.多くの異性体の一つで,生体内でリン脂質の構成成分として,またリン酸エステル化されたものが信号伝達物質として重要な働きをする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミオイノシトールの言及

【イノシット】より

…また過コレステロール症に対する医薬品としても用いられる。9種の立体異性体が理論的に可能であるが,天然にはミオイノシット(ミオイノシトール)など4種が確認されているだけである。ミオイノシットはほとんどすべての生物に存在しており,遊離の形で,またリン酸エステルやリン脂質の構成分として見いだされる。…

※「ミオイノシトール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミオイノシトールの関連キーワードイノシトールグルコースグロースソルボーステオブロミンフルクトースマンノースコーヒー酸タガトースゲイ=リュサックの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone