コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロワックス microcrystalline wax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロワックス
microcrystalline wax

ミクロクリスタリンワックスともいう。石油系ワックスの一種。パラフィンワックスノルマルパラフィンを主成分とするのに対し,ミクロワックスはイソパラフィンまたはシクロパラフィンを主成分とする。白色あるいは淡黄色,融点 65~95℃で,接着力があり,柔軟性に富み,すぐれた電気特性を示す。電気絶縁用の保護被膜や含浸剤として使われるほか,パラフィンワックスとブレンドして,加工紙,紙コップなどの製造に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミクロワックスの関連キーワードミクロクリスタリンワックス

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android