ミクロワックス(英語表記)microcrystalline wax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロワックス
microcrystalline wax

ミクロクリスタリンワックスともいう。石油系ワックスの一種。パラフィンワックスノルマルパラフィンを主成分とするのに対し,ミクロワックスはイソパラフィンまたはシクロパラフィンを主成分とする。白色あるいは淡黄色,融点 65~95℃で,接着力があり,柔軟性に富み,すぐれた電気特性を示す。電気絶縁用の保護被膜や含浸剤として使われるほか,パラフィンワックスとブレンドして,加工紙,紙コップなどの製造に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android