ミシシッピ紀(読み)ミシシッピき(英語表記)Mississippian Subperiod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミシシッピ紀
ミシシッピき
Mississippian Subperiod

アメリカ合衆国の地質時代の年代区分の一つで,石炭紀前半をさす。約 3億5890万年前から約 3億2320万年前までの期間にあたる。北アメリカの石炭紀前半は一般に海進の時代で,石灰岩などを主体とする地層ミシシッピ川上流地域などに広く分布する。石炭紀後半は海進と海退が頻繁に繰り返された堆積相(→層相)からなり,アパラチア炭田をはじめ石炭層を含む陸成層と浅海堆積物からなる地層がよく発達し,ペンシルバニア紀と区分される。このように堆積相の顕著な差と,化石群の内容の差が大きいという理由で,アメリカでは石炭紀をミシシッピ紀とペンシルバニア紀に二分することが提唱されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミシシッピき【ミシシッピ紀 Mississippian period】

A.ウィンチェルによって提唱(1869)された地質時代区分の一つ。アメリカのアイオワ,イリノイ,ミズーリ各州のミシシッピ川沿いに露出する海成層を標式とする。北アメリカでは独立した紀とされるが,国際的に認められていない。約3億6000万年前~3億4000万年前で,ほぼ石炭紀前期に相当し,さらに四つの世に細分されている。地質時代【加藤 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミシシッピ紀の言及

【古生代】より

…表のように六つの紀periodに区分されている。なお,石炭紀の場合,アメリカではこれを二分し,下位のミシシッピ紀Mississippianと上位のペンシルベニア紀Pennsylvanianとすることが多い。 古生代の特色は,地質時代において最初に硬組織hard tissue,すなわちキチン質や石灰質の骨格構造(主として殻)をもつ顕微鏡サイズより大型の生物が出現したことである。…

※「ミシシッピ紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android