コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヒキゴカイ Cirriformia tentaculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズヒキゴカイ
Cirriformia tentaculata

環形動物門多毛綱定在目ミズヒキゴカイ科。体長6~15cm,体節数約 300。体は橙黄色で比較的太く,頭部は円錐形で眼をもたない。体の両側にある糸状鰓糸は第1剛毛節から始り,体前部に多く,体後部へいくにつれて次第にまばらになる。感触糸は第5~6,または第6~7剛毛節の背側の左右に約 20本ずつ群生している。鰓糸,感触糸とも紅色潮間帯から水深 100mまでの有機質の多い砂泥中にすみ,砂泥底上に多数の感触糸を広げている。北海道南西部以南に普通に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズヒキゴカイ
みずひきごかい / 水引沙蚕
[学]Cirriformia tentaculata

環形動物門多毛綱定在目ミズヒキゴカイ科に属する海産動物。日本および世界各地の海岸に分布し、有機物の多い泥の中にすむ。体を砂泥中に埋め、糸状で黄色の感触糸と紅色の鰓糸(さいし)を水中に出して動かしているところからこの名がある。体は円筒形で軟らかく黄橙(こうとう)色。長さ6~15センチメートル、幅4~5ミリメートルで、体節は約300節。体の前部背面に約20本ほどの感触糸の束が1対あり、また各体節の両側から1本の鰓糸が生じている。近似種のチグサミズヒキCirratulus cirratusは、同じような場所にすむが、頭部に赤い眼点が4~8個斜めに1列に並び、感触糸の束が第1剛毛節にあることで区別される。[今島 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミズヒキゴカイの関連キーワードミズヒキゴカイ(水引沙蚕)水引沙蚕