コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヒキゴカイ ミズヒキゴカイ Cirriformia tentaculata

2件 の用語解説(ミズヒキゴカイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズヒキゴカイ
ミズヒキゴカイ
Cirriformia tentaculata

環形動物門多毛綱定在目ミズヒキゴカイ科。体長6~15cm,体節数約 300。体は橙黄色で比較的太く,頭部は円錐形で眼をもたない。体の両側にある糸状鰓糸は第1剛毛節から始り,体前部に多く,体後部へいくにつれて次第にまばらになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズヒキゴカイ
みずひきごかい / 水引沙蚕
[学]Cirriformia tentaculata

環形動物門多毛綱定在目ミズヒキゴカイ科に属する海産動物。日本および世界各地の海岸に分布し、有機物の多い泥の中にすむ。体を砂泥中に埋め、糸状で黄色の感触糸と紅色の鰓糸(さいし)を水中に出して動かしているところからこの名がある。体は円筒形で軟らかく黄橙(こうとう)色。長さ6~15センチメートル、幅4~5ミリメートルで、体節は約300節。体の前部背面に約20本ほどの感触糸の束が1対あり、また各体節の両側から1本の鰓糸が生じている。近似種のチグサミズヒキCirratulus cirratusは、同じような場所にすむが、頭部に赤い眼点が4~8個斜めに1列に並び、感触糸の束が第1剛毛節にあることで区別される。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズヒキゴカイの関連キーワードウズマキゴカイタマシキゴカイ沙蚕玉敷沙蚕翼沙蚕クロムシゴカイ(沙蚕)ミズヒキゴカイ(水引沙蚕)ムカシゴカイ(昔沙蚕)環形動物門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone