コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツオビアルマジロ ミツオビアルマジロ Tolypeutes tricinctus; three-banded armadillo

2件 の用語解説(ミツオビアルマジロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツオビアルマジロ
ミツオビアルマジロ
Tolypeutes tricinctus; three-banded armadillo

貧歯目アルマジロ科。体長 40cm内外。体は完全に甲でおおわれ,頭,尾,四肢とも鱗でおおわれる。可動帯甲は幅広く,3列に並ぶ。肩と腰の甲が体より離れており,ここに手足を入れて体をボールのように球状に丸めることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツオビアルマジロ
みつおびあるまじろ
three-banded armadillo
[学]Tolypentes tricinctus

哺乳(ほにゅう)綱貧歯目アルマジロ科の動物。ブラジルの乾いた草原にすむ。体長35~45センチメートル、尾長7~9センチメートル。体は黒褐色で、可動帯甲は3列、身に危険を感じると頭、肩、腰の甲を外にし、完全な球状になることができる。餌(えさ)はおもにアリやシロアリなど。ミツオビアルマジロ属にはほかに、ボリビア、パラグアイ、ブラジル南西部にすむラプラタミツオビアルマジロT. matacusが知られている。[齋藤 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミツオビアルマジロの言及

【アルマジロ】より

…敵に襲われて,逃走する機会を失ったり,あるいは強力な前足のつめで穴をすばやく掘って隠れる余裕のない場合には,一部の種は体を丸め,手足を甲の中に引き込んで身を守る。ミツオビアルマジロは完全な球状にまで丸めることができ,これは人の力でものばすことは困難という。 エナメル質を欠く歯は,貧歯目中もっとも数が多く,終生のび続ける。…

※「ミツオビアルマジロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミツオビアルマジロの関連キーワードアルマジロオオアルマジロ瞬ぎ瞬ぐ蟻食ジロマジトンド・ジロトンドアルマジロのしっぽアカイカアルマジロトカゲヒメアルマジロ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミツオビアルマジロの関連情報