コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニアチュア軸受 ミニアチュアじくうけminiature bearing

1件 の用語解説(ミニアチュア軸受の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニアチュア軸受
ミニアチュアじくうけ
miniature bearing

JISの分類で,軸受外径 9mm未満の軸受をいう。なお,軸受外径 9mm以上で内径 10mm未満の軸受は小径軸受という。ミニアチュア軸受のほとんどは深溝玉軸受で,一部にアンギュラ玉軸受が用いられている。グリースを封入したシールド玉軸受のほかに,外輪外径面にフランジのついたフランジつき玉軸受がある。後者は止め輪つき軸受と同じように軸受けの位置決めをする役目をし,ハウジングの加工を簡単にするので,よく用いられる。ミニアチュア玉軸受は,小型化しているビデオカメラその他の AV機器,コンピュータの磁気ディスク,ファンモータなどに多く使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミニアチュア軸受の関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone