コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニアチュア軸受 ミニアチュアじくうけminiature bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニアチュア軸受
ミニアチュアじくうけ
miniature bearing

JISの分類で,軸受外径 9mm未満の軸受をいう。なお,軸受外径 9mm以上で内径 10mm未満の軸受は小径軸受という。ミニアチュア軸受のほとんどは深溝玉軸受で,一部にアンギュラ玉軸受が用いられている。グリースを封入したシールド玉軸受のほかに,外輪外径面にフランジのついたフランジつき玉軸受がある。後者は止め輪つき軸受と同じように軸受けの位置決めをする役目をし,ハウジングの加工を簡単にするので,よく用いられる。ミニアチュア玉軸受は,小型化しているビデオカメラその他の AV機器,コンピュータの磁気ディスク,ファンモータなどに多く使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミニアチュア軸受の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android