ミニメータ(英語表記)minimeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニメータ
minimeter

機械的てこによる測微指示計の一種。スピンドルの変位をてこで拡大し,目盛り盤上の指針を動かし,長さや変位を精密に測定する。図のTは,支点S,力点Rのてこで,Rの位置はばねで一定に保たれているが,スピンドルMの下端が上下に変位するとてこが傾き,指針Nがふれて目盛り盤に変位量を示す。拡大率は L/l で通常 100~1000倍。てこの傾きが大になるとRの位置がずれて誤差を生じるので指示範囲は狭い。同じてこ式で力点の反対側の平衡点でギヤにより指針を動かす方式のオルソテストという器具もある。これらの機械的測微指示計は測定が簡便なので,ロックウェル硬さ試験機などダイヤル式硬度計にも類似の機構が応用され,その場合はダイヤルに直接硬さが目盛られる。 (→ダイヤルゲージ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android