コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノア線状文字 ミノアせんじょうもじMinoan linear scripts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミノア線状文字
ミノアせんじょうもじ
Minoan linear scripts

前 2000年頃からエーゲ海周辺に発達したミノア=ミケーネ文化圏で使われていた文字。粘土板に線で記されていて,クレタ島絵文字から発達したものと考えられ,王宮の在庫目録,商業用記録に使われていた。当初は前 1700年頃からみられる 75音節をもつA型と,より後期の 87音節をもつB型に分けられていた。A型はクレタ島各地で少数ながら発見されているが,使用されている語も読み方も判明していない。B型はクレタ島のクノッソス宮殿址とピュロス,ミケーネ,テーベなどのギリシア本土各地に出土し,1953年に M.ベントリスにより前 13~14世紀頃に使われていたギリシア語を表わしたものであることが解明された。以後,B型はミケーネ文字として独自に規定され,A型だけがミノア文字とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミノア線状文字の関連キーワード線状文字

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android