ミノ・ダ・フィエーゾレ(英語表記)Mino da Fiesole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミノ・ダ・フィエーゾレ
Mino da Fiesole

[生]1429. ポッピ
[没]1484. フィレンツェ
イタリア,フィレンツェ派の彫刻家。ミケロッツォの弟子ともされるが,初期の修業はつまびらかでない。また一時 A.ロッセリーノの影響下にあったが,しかし『ピエロ・デ・メディチ胸像』 (1453) や『レオナルド・サルターティ墓碑』 (64) などで,ロッセリーノの型からの脱皮をはかっている。晩年ローマに出て,ロンバルディアの彫刻家 A.ブレーニョらと親交を結び,サンタ・チェチーリア聖堂の『フォルテグエリ枢機卿墓碑』の修復に際しては,墓碑全体にロンバルディア風の非常な多彩さを付与した。多くの彩色大理石像を手がけているが,作品はローマのサンタ・マリア・ソープラ・ミネルバ聖堂の『フランチェスコ・トルナブオーニ墓碑』 (80) で,構成全体における精緻で練達な線的処理が美しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android