コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カワ

7件 の用語解説(側の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわ〔かは〕【側】

物の一つの方向・方面。一面。「家の西の」「左っの目が痛い」
相対するものの一方。「労働者のに立つ」
物のまわりを取り囲んだり覆ったりしているもの。「時計の
列。並び。「右寄りの二に女子が座る」→がわ(側)

がわ〔がは〕【側】

かわ(側)1」に同じ。「向こうに渡る」「北の窓」
かわ(側)2」に同じ。「演じると見る」「消費者に立った意見」
かわ(側)3」に同じ。「金のの時計」
周囲の人。かたわら。はた。「当人よりもがうるさい」

そく【側】[漢字項目]

[音]ソク(漢) [訓]がわ そば そばめる
学習漢字]4年
〈ソク〉
そば。かたわら。「側近側室君側
片方に寄った所。横の面。「側壁側面舷側(げんそく)左側体側
片方に寄せる。傾ける。そばめる。「側目反側
かたよって。ほのかに。「側聞
〈がわ(かわ)〉「裏側縁側帯側片側金側左側

そば【側/傍】

空間の隔たりがあまりない所。近く。「駅の―の交番」
その動詞の表す動作・状態と時間の隔たりがないことを表す語。すぐそのあと。するとすぐ。「作る―から食べる」
[用法]そば・わき――「そば」は、その物から全方向の距離を示すが、「わき」はその物から左右の距離を示す。したがって、「わき」が「そば」に含まれてしまう場合には、たとえば「歩いている人のそば(わき)を自転車が通り過ぎた」のように相通じて用いられる。◇「先生の家のそばまで来て迷ってしまった」の「そば」は、その物からやや離れた周辺までを意味する。「わき」は、「ポストは売店のわきにある」のように、すぐ横にあることを意味する。「耳のわきのほくろ」は、耳の横にあることをいう。◇「近く」は、「そば」とほとんど違いはない。「近く(そば)まで来たので寄ってみた」では、「近く」の方が「そば」よりもやや範囲が広いといえよう。◇類似の語「かたわら」は文章語的である。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かわ【側】

[2] ( 名 )
相対するものの一方の面。 「南の-の斜面」 「川のこちらの-」
対立するものの一方の立場。 「被害者の-に立って考える」
列をなすもののそれぞれの列。 「この-の人は立ちなさい」
名詞の下に付いて、相対するものの一方の面であることを表す。 「南っ-」 「上っ-」
( 接尾 )
助数詞。列を数えるのに用いる。列。 「窓に近い二ふた-の席は暖かい」 「三-目中央の客席」 → がわ(側)

がわ【側】

かわ(側) 」に同じ。
曲面をなすものの周囲、または周囲を包んでいるもの。 「 -がプラチナの時計」
まわりの人。はた。 「本人より-が大騒ぎする」
(名詞に付いて)
かわ(側) 」に同じ。 「北-」 「下-」
対立するものの一方の立場であることを表す。 「弁護-の証人」
曲面をなすものの周囲、または周囲を包む意を表す。 「金-の腕時計」 「桶おけ-」

そく【側】

永字八法えいじはつぽうの第一筆の点。 → 永字八法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

側の関連キーワード自然淘汰スキー八雲松柏砂山チェリードンファンなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

側の関連情報