コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハイル・カラシニコフ みはいる・からしにこふ

1件 の用語解説(ミハイル・カラシニコフの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ミハイル・カラシニコフ

ロシア人の銃器設計者。1919年11月10日、西シベリアアルタイ地方生まれ。世界の100カ国以上で使用されている自動小銃AK47を旧ソ連時代に設計した。AK47は46年、全自動発射可能な自動小銃として開発され、49年にソ連軍に採用された。仕様が簡単である上、非常に高い安定性を有し、耐久性に優れていて価格も安かったためライセンス生産、模造品も含めて全世界の紛争地で今日まで使用されている。同氏は生涯で150以上の武器を開発、09年、ロシアで最高位の勲章「ロシア連邦英雄」を受章。13年12月23日、病気のため中部イジェフスクの病院にて94歳で死去。

(2013-12-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミハイル・カラシニコフの関連キーワードロシア遠征ロシア人銃器聖ニコライロシア教会労農ロシア悪夢の設計者木村汎在外ロシア人大ロシア人白ロシア人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミハイル・カラシニコフの関連情報