ミハエル ゴルバチョフ(英語表記)Mikhail Sergeevich Gorbachyov

20世紀西洋人名事典の解説


1931.3.2 -
ソ連の政治家。
ソ連邦大統領
ロシアスタブロポリ生まれ。
農家に生まれる。1946〜50年出身地の機械トラクター・ステーションでコンバイン操縦士の助手を務める。’52年共産党に入党し、’55年モスクワ大学を卒業。同年より共産青年同盟及び党活動をする。’78年モスクワに出、農業担当の中央委員会書記となる。’80年に政治局員となり、この間に積極外交を展開した。’85年3月にチェルネンコ死去により書記長となり、党最高指導者となる。同年7月トロイカ体制を復活した。’88年最高会議幹部会議長。ペレストロイカ断行。’89年最高会議議長。’90年大統領制を導入し初代大統領。’91年ソ連の解体とともに大統領を辞任。その後ゴルバチョフ財団総裁。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android