コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヒェル Michel, Hartmut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヒェル
Michel, Hartmut

[生]1948.7.18. ルートウィヒスブルク
ドイツの生化学者。 1977年にウュルツブルク大学で博士号を取得。 79年マックス・プランク生化学研究所に入り,87年マックス・プランク生物物理研究所所長。 1982年に光合成反応の中心的役割を果す光合成細菌の膜蛋白質を純粋な結晶として取出すことに成功。その立体構造を解明した。 J.ダイゼンホーファー,R.フーバーとともに 88年ノーベル化学賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミヒェルの関連キーワードウュルツブルクカスパル光合成フーフ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android