光合成細菌(読み)こうごうせいさいきん(英語表記)photosynthetic bacteria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光合成細菌
こうごうせいさいきん
photosynthetic bacteria

光エネルギーによる同化を行う細菌総称。分類群としては紅色細菌 (無硫黄) ,紅色硫黄細菌緑色硫黄細菌に属する。植物における光合成と異なる特徴は,同化色素として,植物でのジヒドロポルフィン環よりも1段だけ還元されたテトラヒドロポルフィン環より成るバクテリオクロロフィルをもつことと,二酸化炭素の同化のために水を電子供与体とするのではなく,H2 ,有機化合物の水素,硫黄およびその化合物などを電子供与体としている点である。系統発生的に古い型の光合成と考えられ,ここから,水を水素供与体とした緑色植物の光合成が進化してきたと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうごうせいさいきん【光合成細菌】

光合成を行なって生育する細菌。硫化水素などを利用するので、酸素を放出しない。紅色硫黄細菌・緑色硫黄細菌などがその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうごうせい‐さいきん クヮウガフセイ‥【光合成細菌】

〘名〙 光合成を行なう細菌の総称。形態や大きさはさまざまで、色によって紅色細菌と緑色細菌とに分けられる。沼土など地表にふつうにみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の光合成細菌の言及

【光合成】より

…ファン・ニールvan NielはCO2+2H2A―→(CH2O)+2A+H2Oを光合成の一般式として提唱している(1929)。光合成細菌(緑色硫黄細菌,紅色硫黄細菌などの硫黄細菌,紅色無硫黄細菌)は,水素供与体として水ではなくH2S,H2S2O3,H2,有機化合物などを用いる。反応はCO2+2H2S―→(CH2O)+2S+H2OCO2+2H2―→(CH2O)+H2Oこの場合はO2の発生はない。…

※「光合成細菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光合成細菌の関連情報