コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミズハゼ ミミズハゼ Luciogobius guttatus

2件 の用語解説(ミミズハゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミズハゼ
ミミズハゼ
Luciogobius guttatus

スズキ目ハゼ科。全長 8cmになる。体は細長く,円筒形。頭部は縦扁するが,尾部は側扁する。背鰭は1基。体表は粘液でぬるぬるしている。磯や河口域などの石の間に棲息する。北海道から朝鮮半島,中国までに分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミズハゼ
みみずはぜ / 蚯蚓沙魚
flathead goby
[学]Luciogobius guttatus

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する魚。頭部は縦扁(じゅうへん)し、体は円筒状で細長い。第1背びれおよび鱗(うろこ)はない。左右の腹びれは合して杯状をなし、小さい。体色は黄褐色であるが、環境によって著しく変わる。全長7センチメートルに達する。琉球(りゅうきゅう)諸島を含む日本各地、朝鮮半島、中国に分布。内湾の河口域で、砂泥底の石の下に潜む。ゴカイ類、ワレカラ類などの小動物を食べる。九州での産卵期は2~5月。石の下面に卵塊を産み付け、雄親魚がそれを守る。4ミリメートル未満の大きさで孵化(ふか)した仔魚(しぎょ)は沿岸域で浮遊生活を送り、1.5センチメートル余りの稚魚に成長したのちに河口部へきて、単独で底生生活に入る。生後1~2年で成熟する。ミミズハゼ属のハゼは日本列島水域で分化、発達したと考えられ、日本からすでに10種類ほどが知られている。今後さらに新種の発見が期待される。同属中には地下水域から採集されたイドミミズハゼほか2種類が知られている。[道津喜衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミミズハゼの関連キーワードハゼアカカマス笛鯛藁素坊顎沙魚沙魚アカアマダイオオニベソコイトヨリトビハゼ(跳沙魚)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミミズハゼの関連情報