コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマシジミ みやましじみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマシジミ

シジミチョウ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマシジミ
みやましじみ / 深山小灰蝶
Reverdin's blue
[学]Lycaeides argyrognomon

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。日本では本州の特産種、東北地方中部から中部地方にかけて分布するが、その生息地は主として河川の堤防、ときに山地の草原にみられることもある。国外では朝鮮半島、中国東北部からヨーロッパにわたりユーラシア大陸の北部に分布が広い。はねの開張は30ミリ内外。はねの裏面の色彩、斑紋(はんもん)は雌雄大差はないが、表面は雄では藍紫(らんし)色、雌では黒褐色で後翅に橙斑(とうはん)がある。近似種のヒメシジミが年1回の発生であるのに対して、本種は多化性、4月ごろから10月ごろまで4、5回の発生を繰り返す。幼虫の食草はマメ科のコマツナギ。ときにタイツリオウギやイワオウギにもつく。卵の状態で冬を越す。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミヤマシジミの言及

【ヒメシジミ】より

…卵で越冬する。近縁種には北海道と本州に分布するアサマシジミLycaeides subsolana,本州に分布するミヤマシジミL.argyrognomonがあり,いずれも外見はヒメシジミに似ている。【高橋 真弓】。…

※「ミヤマシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミヤマシジミの関連キーワードタイツリオウギ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android