ミュラーリヤー錯視(読み)ミュラーリヤーサクシ

デジタル大辞泉の解説

ミュラーリヤー‐さくし【ミュラーリヤー錯視】

Müller-Lyer illusion錯視の一つ。同じ長さの線分の両端に内向き矢羽を付けると長く見え、外向きの矢羽を付けると短く見えること。ドイツの社会学者・心理学者ミュラー=リヤーが発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android