コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミロン試薬 ミロンシヤク

3件 の用語解説(ミロン試薬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミロン‐しやく【ミロン試薬】

たんぱく質およびフェノール類の検出に用いられる試薬。水銀を濃硝酸に溶かして作ったもの。チロシンを含むたんぱく質溶液に加えて熱すると赤褐色を呈する。フランスミロン(N.A.E.Millon)が1846年に発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ミロンしやく【ミロン試薬】

タンパク質やフェノール類の検出試薬。水銀を濃硝酸に加え、加熱溶解してつくる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミロン試薬
みろんしやく
Millon's reagent

ある種のタンパク質およびフェノール類の検出に用いられる試薬。フランスのミロンNicolas Auguste Eugne Millon(1812―67)が1846年に発見。水銀1グラムを発煙硝酸1ミリリットルに溶かし水2ミリリットルで希釈した溶液をいう。試料のアルコール溶液あるいはエーテル溶液一滴をとり、これにミロン試薬の溶液一滴を加えて2~3分間放置し、変化がなければ加熱、煮沸する。フェノール類が存在すれば赤色を呈する。アミノ酸の一種であるチロシン(p(パラ)‐ヒドロキシフェニルアラニン)を含む多くのタンパク質、たとえばカゼインや絹糸などは、その酸加水分解、酵素消化あるいは腐敗による分解でチロシンを生じ、ミロン試薬と反応して呈色するので、繊維鑑別試験に用いられる。ゼラチンは呈色しない。[成澤芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミロン試薬の言及

【ミロン反応】より

…しかし現在では,スペクトルによる分析が主流となっており,またこの反応では水銀を使用するので環境汚染の問題もあって,ほとんど利用されることはない。試料溶液にミロン試薬(水銀10gに濃硝酸20mlを加えて加熱溶解し,その上澄液を2倍量の水で希釈したもの)を加えると,フェノール性水酸基が存在すれば白色沈殿を生じる。加熱すると沈殿は赤褐色に変わるか,または溶けて赤褐色の溶液となる。…

※「ミロン試薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミロン試薬の関連キーワードアポタンパク質血漿タンパク質高タンパク質食品色素タンパク質乳タンパク質フェノール試薬複合タンパク質リポタンパク質レチノール結合タンパク質ローリー法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone