コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミロン試薬 ミロンシヤク

大辞林 第三版の解説

ミロンしやく【ミロン試薬】

タンパク質やフェノール類の検出試薬。水銀を濃硝酸に加え、加熱溶解してつくる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミロン試薬
みろんしやく
Millon's reagent

ある種のタンパク質およびフェノール類の検出に用いられる試薬。フランスのミロンNicolas Auguste Eugne Millon(1812―67)が1846年に発見。水銀1グラムを発煙硝酸1ミリリットルに溶かし水2ミリリットルで希釈した溶液をいう。試料のアルコール溶液あるいはエーテル溶液一滴をとり、これにミロン試薬の溶液一滴を加えて2~3分間放置し、変化がなければ加熱、煮沸する。フェノール類が存在すれば赤色を呈する。アミノ酸の一種であるチロシン(p(パラ)‐ヒドロキシフェニルアラニン)を含む多くのタンパク質、たとえばカゼインや絹糸などは、その酸加水分解、酵素消化あるいは腐敗による分解でチロシンを生じ、ミロン試薬と反応して呈色するので、繊維鑑別試験に用いられる。ゼラチンは呈色しない。[成澤芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミロン試薬の言及

【ミロン反応】より

…しかし現在では,スペクトルによる分析が主流となっており,またこの反応では水銀を使用するので環境汚染の問題もあって,ほとんど利用されることはない。試料溶液にミロン試薬(水銀10gに濃硝酸20mlを加えて加熱溶解し,その上澄液を2倍量の水で希釈したもの)を加えると,フェノール性水酸基が存在すれば白色沈殿を生じる。加熱すると沈殿は赤褐色に変わるか,または溶けて赤褐色の溶液となる。…

※「ミロン試薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミロン試薬の関連キーワード濃硝酸

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android