コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンカバーパゴダ ミンカバーパゴダMyinkaba Pagoda

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミンカバーパゴダ【ミンカバーパゴダ】
Myinkaba Pagoda

ミャンマー中央部、仏教遺跡の町バガン(Bagan)旧市街南、ミンカバー村にある寺院ミャンマー人の最初のバガン王朝を建て、この地に上座部仏教小乗仏教)を根づかせたアノーヤター王が、1044年に決闘で死なせた異母兄弟を供養するために建てたと伝えられている。簡素な釣鐘型のドームの寺院だが、見事な装飾が施されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミンカバー‐パゴダ(Myinkaba Pagoda)

ミャンマー中部の都市遺跡バガンの南郊の村ミンカバーにある仏塔。11世紀、のちにパガン朝の創始者となるアノーラータが、王位継承のため政敵である異母兄弟ソッカデを決闘により殺害し、供養のために建立。高さ15メートル。先端部が尖った釣鐘型の外観をもつ。ミンカバーパヤー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android