小乗仏教(読み)しょうじょうぶっきょう(英語表記)Hīnayāna buddhism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小乗仏教
しょうじょうぶっきょう
Hīnayāna buddhism

hīnayānaとは「劣った乗物」の意味。釈尊以後,その伝統を比較的そこなわずに継承し,複雑で形式的な「法の研究」を主体とした,部派仏教をいう。いわば民衆の間から起った大乗仏教の側からの軽侮した表現。今日では上座部仏教 Theravāda buddhismとも呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうじょう‐ぶっきょう〔セウジヨウブツケウ〕【小乗仏教】

小乗のこと。呼称としては明治以後、用いられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小乗仏教【しょうじょうぶっきょう】

小乗とも。大乗仏教に対する。小乗はサンスクリットヒーナヤーナの訳。大乗仏教が成立してから,それまでの部派仏教を,自己一身の救いのみを目ざすものとして,軽んじて呼んだ呼称。上座部および,それからの分派である説一切有部など20部派がある。現在東南アジア一帯の仏教はほとんど小乗で,中国その他には説一切有部の系統が残っている。いずれの部派も阿毘達磨(あびだつま)を中心とする比丘(びく)のみによる教団を組織している。
→関連項目説一切有部大衆部大毘婆沙論仏教

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじょうぶっきょう【小乗仏教】

仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋中世のキリスト教のスコラ哲学に比肩される。サンスクリットでヒーナヤーナHīnayāna(〈小さな乗物〉の意)というが,〈小乗〉とは大乗仏教からの貶称であり公平な呼称ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうじょうぶっきょう【小乗仏教】

自己の悟りを偏重する仏教。大乗仏教徒が、特に利他主義の立場から、従来の伝統仏教に対して与えた称。スリランカ・ミャンマーなど南方仏教はこの系統に属する。批判的な意味をもたない場合は上座部仏教・南方仏教と呼ぶ。小乗。小乗教。 → 部派仏教

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小乗仏教の言及

【部派仏教】より

…釈迦および直弟子時代の初期仏教を継承し,大乗仏教と併存・拮抗(きつこう)してインドに栄えた伝統的学派による仏教。新興の大乗仏教側からは,〈小乗仏教〉とけなされたが,正しくは〈部派仏教〉あるいは〈アビダルマ仏教〉と呼ばれるべきである。釈迦滅後100年,すなわちアショーカ王(前3世紀)のころ,仏教教団は保守的な上座部(テーラバーダ)と進歩的な大衆(だいしゆ)部(マハーサンギカ)とに分裂した。…

※「小乗仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android