小乗仏教(読み)しょうじょうぶっきょう

百科事典マイペディア「小乗仏教」の解説

小乗仏教【しょうじょうぶっきょう】

小乗とも。大乗仏教に対する。小乗サンスクリットヒーナヤーナの訳。大乗仏教が成立してから,それまでの部派仏教を,自己一身の救いのみを目ざすものとして,軽んじて呼んだ呼称上座部および,それからの分派である説一切有部など20部派がある。現在東南アジア一帯の仏教はほとんど小乗で,中国その他には説一切有部の系統が残っている。いずれの部派も阿毘達磨(あびだつま)を中心とする丘(びく)のみによる教団を組織している。
→関連項目説一切有部大衆部大毘婆沙論仏教

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「小乗仏教」の解説

小乗仏教
しょうじょうぶっきょう
Hīnayāna buddhism

hīnayānaとは「劣った乗物」の味。釈尊以後,その伝統を比較的そこなわずに継承し,複雑で形式的な「法の研究」を主体とした,部派仏教をいう。いわば民衆の間から起った大乗仏教の側からの軽侮した表現。今日では上座部仏教 Theravāda buddhismとも呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「小乗仏教」の解説

しょうじょうぶっきょう【小乗仏教】

仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋中世のキリスト教スコラ哲学に比肩される。サンスクリットでヒーナヤーナHīnayāna(〈小さな乗物〉の意)というが,〈小乗〉とは大乗仏教からの貶称であり公平な呼称ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「小乗仏教」の解説

しょうじょう‐ぶっきょう〔セウジヨウブツケウ〕【小乗仏教】

小乗のこと。呼称としては明治以後、用いられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小乗仏教の言及

【部派仏教】より

…釈迦および直弟子時代の初期仏教を継承し,大乗仏教と併存・拮抗(きつこう)してインドに栄えた伝統的学派による仏教。新興の大乗仏教側からは,〈小乗仏教〉とけなされたが,正しくは〈部派仏教〉あるいは〈アビダルマ仏教〉と呼ばれるべきである。釈迦滅後100年,すなわちアショーカ王(前3世紀)のころ,仏教教団は保守的な上座部(テーラバーダ)と進歩的な大衆(だいしゆ)部(マハーサンギカ)とに分裂した。…

※「小乗仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android