コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミール・ワイス・ハーン ミール・ワイス・ハーンMīr Wais Khān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミール・ワイス・ハーン
Mīr Wais Khān

[生]?
[没]1715
アフガニスタンのカンダハールの支配者。ホタキ・ギルザーイー族の族長で,サファビー朝の治下にあったカンダハールの町で,部族の長として強い影響力を有した。危険人物としてサファビー朝の首都イスファハンに送られたが,1709年カンダハールに戻り,反乱を企て町を占領。政府から派遣された数度の討伐軍をも撃破して,サファビー朝から自立。その子ミール・マフムードがイランに侵入し,アフガン朝を建てる基礎をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミール・ワイス・ハーンの関連キーワードルイルイルイ王朝様式ディナールイ[14世]ロココ美術ナティエ森川許六ルイ14世イーペル