コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディナー ディナーdinner

翻訳|dinner

デジタル大辞泉の解説

ディナー(dinner)

西洋料理の正式の食事。フルコースの料理の出るもの。正餐(せいさん)。
一日の中で、最も主となる食事。ふつう夕食をさす。晩餐。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディナー

西洋料理の正餐(せいさん)のこと。一日のうち最も重要な食事で,現在ではほとんどが晩餐。公式の儀礼的なディナーでは,服装,席次,テーブルマナーなど細かい形式や作法がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ディナー【dinner】

①一日のうちでもっとも主要な食事。夕食をさすことが多い。◇昼食が「ディナー」の場合は、夕食は「サパー」になる。
西洋料理の正式の献立による食事。フルコースの料理が供される。◇「正餐」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディナー【dinner】

正餐(せいさん)ともいう。1日のうちで最も重要な食事,または正式の献立による食事のうち,とくに晩餐をさす。英語のdinnerフランス語ディネdînerともに俗ラテン語のdisjejunare(断食を破る)から派生したことばである。ディナーをとる時間は時代によって大きな変化がみられた。例えばフランスではシャルル5世(在位1364‐80)のころには午前9時にとる朝食であったが,ルイ14世(在位1643‐1715)の時代には午前11~12時,ルイ15世(在位1715‐74)のころには午後2~3時にとる午餐となり,一日中で最も重要な食事の意味をもつようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ディナー【dinner】

(西洋料理の)正式な食事。正餐せいさん。多く、晩餐の意で用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディナー
でぃなー
dinner

西洋料理の正餐(せいさん)のこと。元来は1日の食事のうち内容のもっとも豊かなものをさしていたが、現在は夕食を意味することが多い。家庭でのディナーは、だんらんのうちに友や家族と料理をおいしく味わうことが目的で、料理の出し方は形式にこだわらず略式のものでもよい。正式のディナーでは会の目的と主客があり、主人役は招待状の発送に始まり、季節を加味した献立の作成、部屋や酒の準備、着席順決定、調理、食卓用意など細かい準備が必要である。ディナーの献立はフルコースとよばれ、内容の豊富な質の高いもので、一定の順序によって供される。献立の内容にしたがって、食器、酒器の数も多様となる。[小林文子]

献立順序

(1)食前酒(アペリチフ) シェリー、ベルモットなど。(2)オードブル(前菜) 一品または盛合せで、冷製が多いが温前菜もある。生ガキ、キャビア、カナッペ類、コキールなど。(3)スープ コンソメ、ソラマメのクリームスープ、エビのビスクなど。(4)魚料理 アマダイ紙包み焼き、ヒラメボンファム、クルマエビアメリカ風など。(5)アントレ ビーフブルギニョン、子牛の煮込み昔風ロースト、すなわちローストビーフ、ターキー、チキンなどの野菜添え。(6)サラダ グリーンサラダ、ウォルドルフサラダ、キュウリのサラダなど。(7)チーズ ロックフォール、カマンベールなど。(8)デザート ババロア、栗(くり)のスフレなど。(9)フルーツ 季節の果実でメロン、パパイヤなど。(10)コーヒー デミタス、プチガトー数種を盛り合わせる。ほかに食卓には、ワイン類とパンが供される。ディナーの席では、服装、テーブルマナー、話題などについて、主人側、客側、双方の配慮がたいせつである。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のディナーの言及

【フランス料理】より


[調理法と献立]
 フランス料理の基本的な調理法を材料の火の通し方によって分類すると表のようになる。 日本でフルコースと呼ばれるフランス(西洋)料理の正餐(せいさん)(ディナー)の献立を,出される順に説明すると次のようになる。(1)オードブル,(2)スープに,(3)魚料理が続く。…

※「ディナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディナーの関連情報