ムコール菌症(読み)ムコールきんしょう(英語表記)phycomycosis; mucormycosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムコール菌症
ムコールきんしょう
phycomycosis; mucormycosis

主としてケカビ目のケカビ属 Mucor,クモノスカビ属 Rhizopusなどに属する諸菌によって急性壊死性炎症を起す疾患。これらの菌は食物や野菜の腐敗に関係しており,日常よく見受けられる菌である。肺,外耳,脳,眼および全身性の諸病型に分けられる。肺ムコール症が最も多く,咳,痰,発熱など,急性気管支炎様の症状が現れるが,血管内に侵入しやすいため,末期には血管壁が侵され,肺梗塞 (→肺塞栓症 ) を起す。脳ムコール症では脳腫瘍に似た症状が出る。治療にはアムホテリシンBが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android