コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムコール菌症 ムコールきんしょうphycomycosis; mucormycosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムコール菌症
ムコールきんしょう
phycomycosis; mucormycosis

主としてケカビ目のケカビ属 Mucor,クモノスカビ属 Rhizopusなどに属する諸菌によって急性壊死性炎症を起す疾患。これらの菌は食物や野菜の腐敗に関係しており,日常よく見受けられる菌である。肺,外耳,脳,眼および全身性の諸病型に分けられる。肺ムコール症が最も多く,咳,痰,発熱など,急性気管支炎様の症状が現れるが,血管内に侵入しやすいため,末期には血管壁が侵され,肺梗塞 (→肺塞栓症 ) を起す。脳ムコール症では脳腫瘍に似た症状が出る。治療にはアムホテリシンBが用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムコール菌症の関連キーワード有馬 啓ムコール症ケカビ真菌症トウフルー

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android