津川(読み)つがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津川
つがわ

新潟県北東部,阿賀野川の中流域にある阿賀町中部の旧町域。 1886年福島県から新潟県に編入。 1889年町制。 1955年小川村,揚川村の一部と合体。 2005年鹿瀬町,上川村,三川村と合体して阿賀町となった。中心集落の津川は江戸時代には会津街道の宿場町,阿賀野川水運の船着場として繁栄したが,1914年磐越西線開通後はその機能を失った。 1974年から常浪に工場団地ができ,繊維,電気機械などの工場が操業。第2工業団地も造成されている。麒麟山には津川城跡がある。一部は阿賀野川ライン県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津川
つがわ

新潟県東部、東蒲原(ひがしかんばら)郡にあった旧町名(津川町(まち))。現在は東蒲原郡阿賀(あが)町の中央部寄りを占める地域。旧津川町は福島県境の阿賀野(あがの)川両岸の津川盆地に位置する中心都市。1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)小川村、揚川(あがわ)村の一部と合併。2005年(平成17)東蒲原郡鹿瀬(かのせ)町、上川(かみかわ)村、三川(みかわ)村と合併し、阿賀町となる。JR磐越西(ばんえつさい)線、国道49号、459号が通じ、磐越自動車道の津川インターチェンジがある。古くは小川庄(しょう)とよばれ、会津藩の西境要地として重きをなし、麒麟(きりん)山城跡も残る。近世は会津街道の宿場町として、また、「津川船道(ふなどう)」とよばれた新潟湊(みなと)までの阿賀野川水運が開け、会津藩の西廻(まわ)り米や西入り塩の陸継ぎ河岸(かし)として栄えた。1886年(明治19)まで福島県に属し、住民はいまも蒲原地方を「下越後(しもえちご)」とよんでいる。付近は阿賀野川ラインの景勝地の中心で、揚川ダムの貯水池である津川漕艇(そうてい)場や、麒麟山公園、スキー場など観光地として名高い。[山崎久雄]
『『津川町史』全2巻(1969・津川町) ▽『図説東蒲原郡史』全2巻(1978、1985・東蒲原郡)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津川の関連情報