コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシャッター宮殿 ムシャッターきゅうでん Qaṣr al‐Mshattā

1件 の用語解説(ムシャッター宮殿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムシャッターきゅうでん【ムシャッター宮殿 Qaṣr al‐Mshattā】

ヨルダン,アンマーンの南東約41kmに残るウマイヤ朝の城砦風宮殿。カリフ,ワリード2世(在位743‐744)によって建造(一部未完成)。一辺145mの正方形プランで,ウマイヤ朝宮殿建築としては,バールベクの南西のアンジャールAnjār宮殿に次ぐ規模を誇る。宮殿は東西に3分割,さらに中央部は南北に3分割され,その最奥部にはバシリカ風の三弁形の〈玉座の間〉が設けられている。外壁(煉瓦,石)は塔で補強されているが,とくに同宮殿の名を高めたのはイスラム時代初期の文様の発達を示す南側ファサード(石灰岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムシャッター宮殿の関連キーワードアンマンオマーンダンマルクトランスヨルダンヨルダンヨルダン川カステッランマーレディスタビアタシーラクターンマーク坊やターンマーク