コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシャッター宮殿 ムシャッターきゅうでんQaṣr al‐Mshattā

世界大百科事典 第2版の解説

ムシャッターきゅうでん【ムシャッター宮殿 Qaṣr al‐Mshattā】

ヨルダン,アンマーンの南東約41kmに残るウマイヤ朝の城砦風宮殿。カリフ,ワリード2世(在位743‐744)によって建造(一部未完成)。一辺145mの正方形プランで,ウマイヤ朝宮殿建築としては,バールベクの南西のアンジャールAnjār宮殿に次ぐ規模を誇る。宮殿は東西に3分割,さらに中央部は南北に3分割され,その最奥部にはバシリカ風の三弁形の〈玉座の間〉が設けられている。外壁(煉瓦,石)は塔で補強されているが,とくに同宮殿の名を高めたのはイスラム時代初期の文様の発達を示す南側ファサード(石灰岩。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ムシャッター宮殿の関連キーワード水原ドニエストル[川]三面川択捉海峡三面川エドワード湖シンクベトリル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android