コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムズタグ(木孜塔格)山 ムズタグさんMuztag shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムズタグ(木孜塔格)山
ムズタグさん
Muztag shan

中国西部,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区チベット (西蔵) 自治区との間にそびえる山。クンルン (崑崙) 山脈の最高峰で,標高 7723m。南はチャンタン (羌塘) 高原に接し,比高は小さい。北は前山を経てタリム (塔里木) 盆地へ低下し,チェルチェン (車爾臣) 川などが流出して,山麓オアシスを形成している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムズタグ(木孜塔格)山の関連キーワードチェルチェン(車爾臣)川クンルン(崑崙)山脈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android