コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムタワッキル ムタワッキルal-Mutawakkil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムタワッキル
al-Mutawakkil

[生]822.3. イラク
[没]861.12. サーマッラー
アッバース朝第 10代のカリフ (在位 847~861) 。第8代カリフ,ムータシムの息子。トルコ人親衛隊のため退位させられた第9代カリフ,ワーシクの弟。彼の治世中,アッバース朝は衰退期に入っていた。保守的な神学派と結び,カリフ権を神格化してみずから「地上における神の影」と称し,第7代カリフ,マームーンが公認したムータジラ派を異端とし,またキリスト教,ユダヤ教に対する差別を強化した。トルコ人軍閥に左右されていたカリフの威信回復をはかったが,果さないまま長子ムンタシルに殺害された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムタワッキルの関連キーワードサーマッラーの大モスクスルタン・カリフ制度イブヌル・ムータッズバイトゥル・ヒクマアッバース朝美術ファルガーニーブフトゥリーサーマッラーイスラム文化サマッラーセリム1世キンディー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android