コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルガーニー ファルガーニーal-Farghānī, Ahmad ibn Muhammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファルガーニー
al-Farghānī, Ahmad ibn Muhammad

9世紀頃のイスラムの天文学者。ファルガーナ地方出身。中世ヨーロッパではアルフラガヌス Alfraganusの名で知られていた。アッバース朝のカリフ,マームーンに雇われ,829年に設けられたバグダードの天文観測所の専属の学者として天体観測に従事し,アストロラーベなどの天体観測器具の製作に関する書物や天文学の概説書 (『天体の運動と天文知識の要綱』) を著わした。この書物はラテン語に翻訳され,15世紀頃まで広く読まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファルガーニー【al‐Farghānī】

?‐861以後
アラブの天文学者。ラテン名はアルフラガヌスAlfraganus。中央アジアのフェルガナ出身で,アッバース朝カリフのマームーンやムタワッキルに仕え,バグダードやカイロで活躍した。土木事業などにも従事したと伝えられる。主著《天文学総論》(種々の別名あり)は,プトレマイオスの天文学を最新の知識に基づいてわかりやすく解説したもので,広く読まれた。とくにヨーロッパでは,12世紀にラテン語に翻訳されて以来,天文学知識の源泉としてレギオモンタヌスなどにより重視され,17世紀に至るまで研究や出版が続けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファルガーニー
ふぁるがーにー
Abu'l-‘Abbs Amad ibn Muammad ibn Kathr al-Farghn

生没年不詳。フェルガナ生まれのイスラムの天文学者。ラテン名はアルフラガヌスAlfraganus。アッバース朝第7代カリフのマームーンal-Ma'mn(在位813~833)のころに活躍し、861年にはまだ生存していた。著書には『天体の運動と完全な星学との書』Kitb f arakt al-samwya wa-jawi‘ ‘ilm al-majmがある。この書は12世紀にラテン語に翻訳され、レギオモンタヌスRegiomontanus以前のヨーロッパ天文学に大きな影響を及ぼした。彼はプトレマイオスPtolemaiosを認め、アストロラーベの作り方も述べている。また地球の直径を約1046.5キロメートルとし、各惑星の最大距離や直径を決定した。861年にはフスタートでナイル川の水位標の建設を監督した。[平田 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のファルガーニーの言及

【コロンブス】より

… この島はゴメラ島から計算して1128リーグの地点にあり,この数字はまさしくコロンブスが予定していた数字でもあった。彼は上述のダイイの著書から,地球の経緯度1゜を562/3マイルとする9世紀のアラブの地理学者ファルガーニーの説を採用して,地球の一周長を2万0400マイル,すなわち5100リーグと算出し,陸地と海面の比率については,同書に収録されている《エスドラス書》の記事に従い,6:1と考え,ヨーロッパの西端からジパング周辺の群島地域までを730~750リーグとした。これにマルコ・ポーロの記述によるジパング~大陸間1500マイル,つまり,375リーグを加算すると,計1105~1125リーグとなる。…

※「ファルガーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファルガーニーの関連キーワードアル・ファルガーニーサクロボスコ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android