コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムツサンゴ Rhizopsammia minuta mutsuensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムツサンゴ
Rhizopsammia minuta mutsuensis

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴキサンゴ科。薄い殻皮状の群体で,石灰質の根で互いに連絡され,そこから高さ 0.8cm,直径 0.5cmの円形のがたくさん突き出ている。莢の体壁は黄色の共肉で覆われて美しい。また莢からは 48本の短い触手が出ている。隠岐諸島から北海道の小樽市までの日本海沿岸,瀬戸内海から三陸沿岸(→三陸海岸)までの太平洋岸に分布し,海藻の根もとなどに着生する。(→サンゴ刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムツサンゴの関連キーワード積丹半島海域公園地区小樽海岸海域公園地区木ノ浦海域公園地区内浦海域公園地区小木海域公園地区若狭湾国定公園

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android