コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムネシクレス Mnēsiklēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムネシクレス
Mnēsiklēs

前5世紀後半に活躍したギリシアの建築家。アテネのアクロポリス入口にペリクレスが献納した,ペンテリコン大理石によるプロピュロン (前 432) の作者として知られる。また,アクロポリスのエレクテイオンの作者とも考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムネシクレス【Mnēsiklēs】

前5世紀後半アテナイで活躍したギリシアの建築家。生没年不詳。プルタルコスは前437‐前432年建てられたアテナイのアクロポリス西端の門(プロピュライア)を彼の作とする。この門は複雑な敷地に建てられた複合的建築(ペロポネソス戦争のため未完成)で,ここに示された設計の手腕より,同じくアクロポリス上のエレクテイオンも彼の作ではないかと推定する人もいる。しかし必ずしも全面的に受け入れられているわけではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ムネシクレスの関連キーワードパルテノン神殿プロピライア

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android